ドッグフード選びは最初が肝心

ドッグフードにヨーグルトをプラス

「ドッグフードにヨーグルト」というと、多くの人は「犬に乳製品を与えても大丈夫?」と心配に思うでしょう。
実際、牛乳を愛犬に飲ましたら下痢をしたという飼い主の声も聞かれます。
これは、「乳糖不耐症」が原因です。
乳糖不耐症とは、乳製品に含まれる乳糖を分解できずに下痢を引き起こしてしまう症状です。
哺乳動物の場合、乳児期までは乳糖を分解する酵素が多く分泌されますが、成長とともに分泌量が少なくなってきます。
その結果、分解されない乳糖が残ってしまうのです。
では、乳製品は全て犬には害なのでしょうか?

むしろ人間と同様に、犬にも乳酸菌は必要です。
乳酸菌には腸内環境を整える大切な働きがあります。
愛犬の健康を考えるのなら、乳酸菌を与えることも必要です。
そのために、効果的なのが「ヨーグルト」です。
同じ乳製品なのにヨーグルトが良いというのは、不思議に思うかもしれません。
ヨーグルトは、すでに乳糖が2割~3割分解された状態で、さらに乳酸菌から出る酵素が、残りの乳酸菌を分解してくれます。
つまり、「お腹にやさしい」乳製品なのです。

ドッグフードにヨーグルトをプラスすることで、愛犬の健康づくりをサポートするのです。
乳酸菌の効果には、「免疫力を高める」「アレルギーの改善」「口臭予防」「毛並みの改善」「下痢・便秘の改善」など様々なものがあります。
腸内環境改善のために、野菜などの「食物繊維」も良いのではと思われがちですが、人と違って肉食中心の犬にとっては、消化不良の原因になります。
場合によっては食物繊維が腸に詰まって腸閉塞をおこしてしまうこともあります。
食物繊維よりはヨーグルトの方が安心で効果的なのです。

ヨーグルトは、糖分が含まれていると肥満や虫歯の原因になるので、無糖のプレーンタイプを与えて下さい。
1日1回、スプーン1杯ぐらいの量をドッグフードにトッピングしてあげると食べてくれます。

但し、愛犬によってはヨーグルトでもアレルギーがでる場合があるので、しっかりと観察することが大切です。
与えてはいけない食材はこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る