ドッグフード選びは最初が肝心

魚介系ドッグフード

ドッグフードというと肉を主体としたものをイメージしますが、最近、魚介系のドッグフードが注目されています。
犬に魚といってもピンとこないかもしれませんが、海に囲まれた日本では、人と一緒に犬も魚を食べていました。
犬が魚を食べても問題はありません。

魚には、体に良い栄養素が多く含まれています。
代表的なのが、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸です。
人間でも生活習慣病の予防などで注目を浴びていますが、犬の健康づくりにも効果があります。
特に老犬の痴呆症に効果があるといわれています。

また、魚に含まれるタンパク質は、肉よりも消化されやすく、不要な塩分を排出する作用もあり、高血圧などの予防になります。

タンパク質以外にも、ビタミンやミネラル、カルシウムやタウリンなども多く含まれています。
ビタミンは体の調子を維持するためには不可欠な栄養素で、体内では生成できないものが多いので、食事から摂取する必要があります。
カルシウムは骨を強くして、神経系の調節をおこないます。
また、タウリンは、動脈硬化や心疾患などの予防に効果が認められています。

このように魚介系のドッグフードは、愛犬の健康維持のためには効果的なドッグフードです。

また、肉を原材料としたドッグフードでアレルギーをおこしたワンちゃんには、魚介系のドッグフードを与えてみて下さい。
普段食べない魚が原材料のドッグフードなら、アレルギー症状がでない確率が高くなります。

但し、アレルギー反応は魚介系のドッグフードでも出ることはあります。
アレルゲンだけでなく食品自体に反応を示す場合もあるので、このような食物アレルギーが出た場合は、すぐに動物病院で診断してもらうのが得策です。

魚介系のドッグフードは健康維持のためには効果的ですが、肉をメインにしている犬にとっては、あまり食べ応えのない食事かもしれません。
腹持ちも良くないので、不満足なものになる可能性もあります。
愛犬の様子を見ながら、おやつなどを与えて工夫することが必要ですね。

ページのトップへ戻る