ドッグフード選びは最初が肝心

輸入ドッグフード

ドッグフードは、国内だけでなく、アメリカやカナダ、ドイツ、オーストラリアなど海外からの製品も少なくありません。
特に最近は、愛犬家の健康志向が強くなり、ペットフードの安全基準の厳しいカナダ産やドイツ産のドッグフードが人気になっています。

こちらにもあるように輸入ドッグフードも、様々な商品と同様に、「正規品」と「並行輸入品」があります。
正規品は、日本国内の販売代理店が、海外のメーカーと正式に契約して輸入したものです。

一方、並行輸入品は、正式な販売代理店を通さずに直接海外から買い付けたもので、正規品よりは価格が安くなっています。

価格が安いという理由だけで、並行輸入品のドッグフードを購入するのは危険です。
正規品との大きな違いは、品質管理です。
正規品では、きちんと温度管理された専用のコンテナで船便で運ばれてきますが、並行輸入品は、様々な荷物と一緒に運ばれます。
温度管理などもおこなわれていない可能性が大きいので、ドッグフードが酸化したり、劣化してしまうリスクがあります。

また、並行輸入のドッグフードの場合、害虫が国内に入らないように、毒性の強いガスで殺菌処理されます。
これを「燻蒸(くんじょう)」と呼びます。
燻蒸は、あくまでも害虫駆除の目的ですから、ドッグフードを食べる犬のことは全く考えていません。
愛犬の体にどう影響を与えるのかは未知数ですので、安全とはいえません。

正規品と並行輸入品のとの違いは、見た目ですぐに分かります。
正規品は、「正規品」と書かれていて、原材料の表示も国内の基準に合わせて日本語で表示されています。
並行輸入品は、外国語の製品に日本語のシールが貼ってある場合が多くなっています。

全ての並行輸入品が悪いとはいえません。
きちんとした販売会社が扱っているものなら品質管理もきちんとしているでしょう。
信頼できるのなら安い方がお得です。

しかし、少しでも管理などに不安があるのなら、愛犬の健康のためにも正規品を選んだ方が安心ですね。

ページのトップへ戻る