ドッグフード選びは最初が肝心

動物性栄養素が多いフード

犬は、狼が祖先の肉食動物ですが、ペットとして人と生活しているうちに雑食になってしまいました。
しかし、本来は肉食であることを理解して下さい。

犬にとって最も大切な栄養素は動物性のタンパク質です。
動物性タンパク質は肉や魚、卵などに含まれるものです。
タンパク質は、犬の骨や血、皮膚など様々な組織を作るために不可欠な栄養素です。
また、免疫機能を高めたり、様々な代謝にも関係する重要なものです。
愛犬が健康に育つためにも積極的に摂取することが大切です。

この動物性タンパク質が多く含まれるドッグフードを、「動物性栄養素が多いドッグフード」と言います。
動物性タンパク質が多いのは当たり前と思うかもしれませんが、実際のドッグフードには、動物性タンパク質以外に植物性タンパク質が含まれています。

植物性タンパク質は、トウモロコシや大豆などの穀物由来のタンパク質です。
犬は元来肉食ですから、植物性のタンパク質を食べる習慣はありません。
消化器官も穀類を消化するのは苦手なので、植物性タンパク質からでは十分な栄養が摂取できません。
また、タンパク質を構成する必須アミノ酸は、動物性タンパク質に比べて、植物性タンパク質は少なくなっています。
必須アミノ酸は体の中では作られないので、食べ物から摂取しなければなりません。
植物性タンパク質では、十分な必須アミノ酸が摂取できないので、栄養不足になる危険性もあるのです。
では、なぜドッグフードに植物性タンパク質が使われているのでしょうか?
その理由は簡単です。
トウモロコシや大豆などの穀物の方が、原材料費が安いからです。
つまり、嵩上げのために植物性タンパク質を使用しているのです。

愛犬の健康のために、動物性栄養素の多いドッグフードを選ぶことをおススメします。
動物性タンパク質以外にも、脂肪も皮膚や毛に大切な栄養素です。
但し、動物性脂肪や動物性油脂は、酸化し易いので酸化防止剤が含まれています。
このような酸化防止剤の含まれていない鶏油やラム精製油、ニシン油などの脂肪を使用しているものがベストです。

犬は雑食だから何をあげても大丈夫と思うのは誤りです。
元来、肉食であるということを理解して、愛犬の健康に良いドッグフードを選んであげて下さい。

ページのトップへ戻る