ドッグフード選びは最初が肝心

トウモロコシが主原料のフード

ドッグフードの主原料で、良く目にするのが「トウモロコシ」や「トウモロコシ粉」「コーングルテンミール」です。
トウモロコシが使われている理由のひとつは、トウモロコシに含まれるタンパク質です。
肉などに比べて安くできるので、価格を安くするために使っているというのが本音で、言わば「嵩上げ」のためです。
手頃な値段になるのなら仕方ないと思う人もいるかもしれませんが、実はトウモロコシに含まれているタンパク質では、愛犬の栄養にはならないのです。

犬は肉食ですから、タンパク質は肉から摂取しています。
つまり、トウモロコシなどの植物性タンパク質を食べる習慣はないので、上手に消化することができません。
また、食べ過ぎると消化器官の負担になり、消化器官の病気になる危険性もあります。

また、トウモロコシに含まれる炭水化物は、腸内で作られたビタミンBなどの栄養素を糞とともに出してしまうという悪影響を与えます。
特にビタミンB3のナイアシンが不足すると皮膚がカサカサになったり毛のツヤが悪くなるなど皮膚のトラブルを生じやすくなります。

さらに、トウモロコシなどの穀類は、アレルギーを引き起こしやすいので、アレルギーを持った犬には厳禁です。

このように、トウモロコシは愛犬にとって良いところはひとつもありません。
特に、「トウモロコシ粉」は、トウモロコシを挽いた後の残りかすで、栄養価はゼロです。
「コーングルテンミール」も、コーンスターチなどを作る過程で出たもので、全くのゴミでしかありません。
当然栄養価など期待できるものではありません。

愛犬の数が多いと、ドッグフードにかかるお金は馬鹿にならないでしょう。
しかし、ただ安いからと言って、なんでも良い訳ではありません。
犬の体は、肉から高タンパク質を摂取するようになっています。
ですから、少しでも良い質のタンパク質を与えてあげることが大切なのです。
愛犬の健康のために、良質なドッグフードを選ぶことをおススメします。

ページのトップへ戻る