ドッグフード選びは最初が肝心

ドイツ産のドッグフード

ドッグフードには、日本国内産のものだけでなく外国産のペットフードも数多くあります。
外国産というと、アメリカ産のイメージが強いかもしれませんが、アメリカ産以外にカナダ産やオーストラリア産、ドイツ産のドッグフードもあります。

ペットフードの安全性を重視している愛犬家に人気があるのがドイツ産のドッグフードです。
ドイツは動物に対する愛護精神の強い国です。
特に犬の飼い方などでは、犬によって快適な条件が、細かく法律で決められています。
捨て犬や捨て猫の殺処分もありません。

ペットフードにおいても、厳しい基準が設けられています。
基本的な考え方は、人間が食べないものは使用しないということです。
添加物や遺伝子組み換えのものを使うのは禁止されています。
日本で販売されているドッグフードの中には、抗生物質やホルモン剤などが基準よりも多く含まれたものや原材料で死んだ動物の肉を使用しているようなものも少なくありません。
ドイツ産のドッグフードなら、このような心配は無用です。
有機畜産で育てられた牛や豚などの肉や魚、さらには必須脂肪酸、ニンジンや大麦、洋ナシなどが主な原料になっています。
さらに100%オーガニックのドッグフードもあり、安心して愛犬に与えられます。

これまでは、ドイツからペットフードの輸入はほとんどありませんでした。
それは、ペットフードを輸入するためには航空便でなければ新鮮さが保たれなかったからです。
しかし、航空便ではコストが高くなりペットフードの価格も高額になってしまいます。
船便では、輸送中に商品が痛んしまう可能性が大きくなるので、手頃な値段でドイツ産のドッグフードを手に入れることができませんでした。

最近は、温度調節が可能なコンテナで、安全にドイツから輸入することが可能になりました。
その結果、多くの愛犬家にドイツ産のドッグフードが親しまれるようになったのです。
ペットは、家族の一員です。
愛するワンちゃんのためにも、安全で安心なドッグフードを選びたいものですね。
こちらでも外国産のドッグフードを推奨しています。

ページのトップへ戻る