ドッグフード選びは最初が肝心

ダックスフンドに適したフード

ダックスフンドは、ドイツ語で「ダックス(アナグマ)」と「フント(犬)」の意味です。
アナグマのように穴を掘り獲物を獲る狩猟犬として誕生しました。
好奇心が旺盛で甘えん坊の人なつこい性格です。

ダックスフンドは、元来狩猟犬なので活動的で食欲も旺盛です。
しっかりと運動をしていないと肥満になってしまうので要注意です。
また、胴長短足なので腰などに負担がかかり、「椎間板ヘルニア」のリスクも高くなっています。
ダックスフンド用のドッグフードを選ぶ時は、このような特徴を考慮することが大切です。

生後2ヶ月~3ヶ月は、高カロリー・高タンパクの離乳食を1日3回与えます。
生後4ヶ月~7ヶ月では、回数を1日2回にして栄養価の高いドッグフードで、おやつなども与えても良いでしょう。
生後8ヶ月~7年は成犬になるので、成犬用のドッグフードを与えて下さい。
生後8年以降は、消化機能が弱くなるので低カロリーのシニア用のドッグフードを与えます。

成犬ダックスフンド用のドッグフードは、太りにくく関節に良いものがおススメです。
グラムあたりのカロリーが低いものや食物繊維の豊富なもの、カルシウム、コンドロイチン、グルコサミンなどの成分の入ったものを選ぶようにしましょう。

胴長で足の短いダックスフンドの人気は高く、街中でも必ず見られる犬種です。
特に最近人気なのがミニチュアダックスフンドです。

ダックスフンドは、体の大きさで「スタンダード」「ミニチュア」「カニヘン」の3種に分かれます。

スタンダードダックスフンドは、胸囲が35cm以上理想体重9kg~12kg、ダックスフンドの原型といわれるサイズです。
ミニチュアダックスフンドは、胸囲31cm~35cm理想体重4.5kg~4.8kgでもっとも一般的なサイズです。
カニヘンダックフンドは、胸囲31cm以下理想体重3.2kg~3.5kgとチワワぐらいの大きさです。
体重に関してはあくまでも基準で、5kg以上のミニチュアダックスフンドも少なくありません。

ページのトップへ戻る