ドッグフード選びは最初が肝心

ヘルシーなドッグフード

愛犬が食べ物を欲しがると、つい甘やかして欲しがるままにあげてしまいます。
その結果、まるまる太ってしまって困っている愛犬家の方も多いのではないでしょうか。

犬も人間と同じです。
肥満が原因で様々な生活習慣病を引き起こすリスクが大きくなるのです。
特に犬のおやつには塩分が多く含まれているので、与え過ぎると心臓病や腎臓病につながる危険性があります。

このような肥満や生活習慣病を予防するためには、より「ヘルシーなドッグフード」を選ぶことが大切です。
「ヘルシーなドッグフード」とは、低カロリーの素材を使用したドッグフードのことです。
野菜が多く含まれたり、牛肉や豚肉の代わりに、鶏肉や馬肉を使用したものです。

最近では、「オーガニック」のドッグフードが人気になっています。
オーガニックのドッグフードとは、有機栽培で育てられたものを原料にして作られたものです。
人の食生活でも健康のためにオーガニック野菜を取り入れて家庭も増えています。
添加物のない安心安全なドッグフードなら、生活習慣病のリスクも軽減されます。
但し、オーガニックのドッグフードは価格も高くなります。
オーガニックという名前で決めるのではなく、原材料や製法、価格などトータルに吟味して選ぶようにして下さい。

健康志向の強い愛犬家の方に注意していただきたいのは、ヘルシーにこだわり過ぎることです。
ヘルシーなドッグフードは、味も薄くなっているので、愛犬にとっては美味しいものではありません。
食欲が少なくなって栄養不足になってしまっては逆効果です。
時々は美味しいドッグフードも与えてあげましょう。

また、シニア犬専用のドッグフードは、動物性タンパク質を少なくして野菜などを多くしています。
年を取ったのだから肉は少なくするのは仕方ないと思われるかもしれませんが、 これは大きな誤りです。
犬の祖先である狼は、年寄りになるまで肉を食べていました。
本来ヘルシーなものを食べるという習慣はないのです。
犬も同様です。
肥満を予防するために肉を少なくすることはあっても、老犬だから肉を少なくする必要はありません。
逆に良質のタンパク質を含んだドッグフードを与えることが大切です。

愛犬がいつまでも健康でいてくれることが、飼い主の願いです。
そのためには、ドッグフードの知識をきちんと身につけて、愛犬に合った製品を選ぶようにして下さい。

ページのトップへ戻る