ドッグフード選びは最初が肝心

犬用ガムはどんなときに必要?

ドッグフードにはドライタイプやウェットタイプの他に、「ガム」があります。
ドッグフードのガムは、食事ではありません。
人間と同じように歯を丈夫にしたりストレスを解消させる効果があります。

犬も歯のケアをしないと口内に酸が発生して虫歯になりやすくなります。
虫歯をそのままにしておくと病気の原因にもあるので、愛犬の歯の管理は不可欠です。

こちらにもあるようにドッグフードのガムには様々な種類がありますが、主な機能はデンタルケアもしくはストレス発散です。
犬は噛むことで気持が落ち着くようになっています。
一般的なドッグフードも噛み応えを考えて作られています。
しかし、噛み癖のある子犬などは、ドッグフードだけでは満足できないので、愛犬の気持を落ち着かせるのにはドッグフードのガムは非常に効果的です。

但し、注意したいのが「誤飲」です。
ノドを傷つけたり食道に詰まったりする危険性があります。
ガムが小さくなったら取り上げるようにしましょう。
食事とおやつの見分けがつかない時は、ガムをあげるのは危険です。
永久歯が生え揃った頃ぐらいから与えるのが安心です。

犬は虫歯になりにくいといわれています。
しかし、犬の場合歯に歯石などが溜まりやすく、歯周病にかかるリスクが高くなっています。
歯石を落とすためにこまめな歯磨きをすることも大切です。
ドッグフードのガムなら歯磨きの手間が省けるので、毎日与えてあげるのも効果的です。
最近はキシリトール配合のガムもあり、愛犬のデンタルケアのための商品が数多く販売されています。

また、歯ごたえのある牛皮などから作られた栄養補助食品としてのガムもあります。
但しこれらの商品はカロリーが高めなので与え過ぎには注意して下さい。

ドッグフードのガムを与える時には、愛犬の歯の状態を確かめることが大切です。
ガムが硬すぎると歯が欠けてしまうこともあるので注意して下さい。

愛犬の健康を願うのは飼い主なら当然です。
栄養面だけでなくデンタルケアやストレス解消などにもきちんと対応したいものですね。

ページのトップへ戻る