ドッグフード選びは最初が肝心

ドッグフードのカロリー

愛犬が食べ物を欲しがるとつい甘やかして与えてしまうのが親心かもしれません。
しかし、 与えすぎると肥満になり、様々病気にもつながるリスクが大きくなります。
愛犬も人間と 同じようにカロリーを気にする必要があるのです。

ドッグフードには、ドライフードでは100gあたり、ウェットフードでは1個あたりのカロリー量が表示されています。
まずは、ドッグフードのカロリーをチェックして下さい。

愛犬にとって必要なカロリー量の目安は、2×(30×体重+70)kcalで計算されます。
10kgの体重なら、2×(30×10+70)で、740kcalになります。
しかし、これはあくまでも 標準的なモデルケースです。
年齢や避妊・去勢の有無などによっても必要カロリーは変わってきます。

生後4ヶ月までは、3×(30×体重+70)kcalで計算します。
子犬は成長のためにカロリーを多く摂取することが必要ですが、あまり多くの量を食べることができません。
そのためには高カロリーの食事が重要になります。
成犬の2倍近いカロリーと4倍のタンパク質が必要といわれています。
「子犬用」「幼犬用」「パピー用」と表示されているドッグフードを選びようにして下さい。

生後4ヶ月から成犬までは、先程の2×(30×体重+70)kcalでOKです。
成犬の基準は、小型・中型犬で1歳ぐらい、大型犬では2歳ぐらいになります。

成犬から老犬までは、1.8 ×(30×体重+70)kcalの計算ですが、避妊・去勢手術している場合は、1.6 ×(30×体重+70)kcalになり、必要カロリーが少なくなります。

老犬は、小型・中型犬で11歳~12歳が基準になります。
大型犬の場合は8歳~9歳が目安です。
老犬のカロリーは1.4 ×(30×体重+70)kcalで算出します。
但し、避妊・去勢手術している場合は、1.2 ×(30×体重+70)kcalになります。

老犬のドッグフードには、「11歳から」のように年齢が表示されています。
愛犬の年齢に合わせたものを選んで下さい。
肥満気味の愛犬はダイエット食などを選んで、カロリーを制限することも大切ですね。

ページのトップへ戻る